評価点について

オートオークション会場に車を出品する時に記載するのが出品表です。
車の基本情報は出品店側で記入し、外装の傷や凹み、修復の状態などは専属の検査員が会場で記入します。

オークション評価点

外装、全体に対する評価と内装に対する評価が記載されます。

オークション評価点

外装、全体に対する評価と内装に対する評価が記載されます。

検査員記入欄

検査員記入欄には、外装・内装の状態や機関系不具合のコメントが記載されます。
また、車の展開図による傷や凹みの位置や大きさ、パネルの交換歴や塗装歴が記号により表されます。

オークション評価点について

S点
ほとんど無傷、無補修であるもの
6点
ほとんど無傷、無補修で、加修の必要のないもの
5点
目立たない傷、凹みはあるものの、内外装ともほとんど加修の必要のないもの
4.5点
内外装とも軽微な補修をすることにより5点に準ずるもの
4点
目立つ傷、凹み、錆、焦げ、破れが少々あり、加修が必要と思われるもの
3.5点
大小の板金や加修を必要とする所が数ヵ所あるもの
3点
全補修、交換、張替えを必要とするもの
2点
商品価値の低いもの
1点
改造車、災害車 ( 塩害、雹害、冠水車等 )、粗悪車、競技車 ( ラリー、ダートトライアル等 )
R点
過去に交通事故その他の災害などにより、自動車の車体の骨格部位を損傷し、「修正」あるいは「交換」により修復したもの
X点
極端な低年式車、レプリカ車、クラシックカー等の評価の困難なもの
A

加修の必要がない、または必要性の低いもので、そのまま展示できるもの

  • ・目立たない小さな破れ、軽い焦げ、又は簡単に取れる汚れ等が、全部で2~3ヶ所までのもの
  • ・大きな部品の欠品がないもの
B

加修の必要性の低いもの、または不具合内容が余り商品価値に影響しないもの

  • ・小さな破れ、軽い焦げ、擦れ、ビス穴が数ヵ所あるもの
  • ・小さな焦げ穴、ダッシュボードの小さなウキがあるもの
  • ・簡単に取れる汚れがあるもの
C

軽微な加修を必要とするもの、または不具合内容が商品価値を下げるもの

  • ・焦げ、焦げ穴、擦れ、破れ、目立つビス穴、 ダッシュボードのウキ、小さなヒビ割れ等があるもの
  • ・汚れはあるがクリーニングによりBランクに準ずるもの
D

加修を必要とするもの

  • ・多数の焦げ穴、破れ等があり張替えが必要なもの
  • ・ダッシュボードの大きく変形したもの
  • ・クリーニングをしても落ちないひどい汚れがあるもの
E

大きな加修を必要とするもの

  • ・ダッシュボード等に目立つ大きなヒビ割れや加工跡があり交換を要するもの
  • ・内装、シート等にひどい汚れ、破れまたはヘタリ等があるもの
  • ・室内に強い異臭があり、そのままの状態では展示できないもの

検査員記入欄について

A
キズ全般(爪が引っかかるキズから、コンパウンド等で磨けば消えるようなキズも記載されます)
E
エクボ
U
凹み全般(横からすかして見ないと気がつかないような凹みから、離れた所からでも鮮明に分かる凹みまで記載されます)
SまたはC
サビ
Y
割れ
W
補修(ペイント)跡
XX
パネルなどの交換歴

※タイヤの中の数字はタイヤの溝の深さを表します
例…「3」の場合は3分山

キズ
A
大きさが親指の爪くらいまでのキズ
A1
大きさがコブシ大くらいまでのキズ
A2
大きさが手のひら大2個くらいまでのキズ
A3
上記を超えるキズ
エクボ
E
極小の凹凸(エクボ)
凹み
U1
大きさが親指付け根くらいまでの凹凸
U2
大きさが手のひら大くらいまでの凹凸
U3
上記を超える凹凸
サビ・腐食
S1
大きさが親指付け根くらいまでのサビ・腐食
S1
大きさが手のひら大くらいまでのサビ・腐食
S3
上記を超えるサビ・腐食
割れ
Y1
大きさが親指付け根くらいまでのヒビ・割れ
Y2
大きさが手のひら大くらいまでのヒビ・割れ
Y3
上記を超えるヒビ・割れ
補修
W1
仕上げの状態の良いもの
W2
多少のパテ目、波があるが補修状態の良いもの
W3
ムラ・ボケ等があり補修状態の良くないもの
その他
XX
交換済み